マクロミルのアンケートめんどくさい?効率よく回答するコツ教えます。

  • URLをコピーしました!

PR

当ページのリンクには広告が含まれています。

こんにちとま、とまとま(@toma_moneykatsu)です。

アンケートの回答がめんどくさいと感じることはありませんか。

回答してたくさんポイントを貯めたいのに、めんどくさくて諦めている方がいるかと思います。

この記事にたどり着いた方は、少なくともそのように思っているかもしれません。

ユーザー

いっぱい回答したのに2ポイントしかくれなかった

ユーザー

長いアンケートに答えるなら、短いアンケートに多く答えたい

これらの問題や不満について解決すべく、この記事では、以下のようなことについて解説しています。

本記事でわかること
  • 効率よく回答するコツ
  • 時間のかかるアンケートの見分け方

私が1年以上マクロミルを続けて身につけた、効率の良い回答方法のノウハウについて、紹介していきたいと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

目次

効率よく回答するコツ

まずは、効率よく回答するコツについて、解説していきます。

私がアンケートに回答する際、以下のような点を意識しています。

効率よく回答するコツ
  • 選択肢だけを見て回答する
  • 長いアンケートに答えない
  • 1つの質問で複数設問があるものは避ける
  • 同系統のアンケートは積極的に答える

①選択肢だけを見て回答する

まずアンケートの前提として、アンケートに対して正確に回答する必要があります。

そのため、質問をしっかり読み意図に沿った回答をする必要があります。

しかし、ある程度経験を積んでいくと、質問を見なくても”選択肢を見れば質問を想定できるようになります。

例えば、選択肢が以下だったとします。

  • サービス業
  • 製造業
  • 金融業
  • 通信業
  • 小売業

このような場合、どういった質問を想像するでしょうか。

私の経験上、自分または配偶者が勤めている会社の業種しかありませんでした。

では、こちらはどうでしょう。

  • 公務員
  • 経営者・役員
  • 会社員
  • 自営業
  • 専業主婦(主夫)
  • 学生

この選択肢をみて、想定される質問はどのようなことが思い浮かぶでしょうか。

わたしの経験上、自分または配偶者の職業くらいしか思い浮かびませんでした。

このように、選択肢を見て質問を想定できるようになれば、回答効率も飛躍的に向上します。

とまとま

1カ月くらいアンケートに回答していくと、この辺の感覚が養われていきます。

くじけずやっていきましょう。

②長いアンケートに答えない

長いアンケートは回答に時間がかかりますし、途中で横やりが入って最後まで回答できないことがあります。

効率の悪いアンケートは回答したくないですし、回答途中で断念するのは非常にもったいないです。

そうならないために、わたしは”最大質問数を見て長いアンケートがどうか予測”して回答するようにしています。

最大質問数を見れば、ある程度アンケート回答時間を予測でき、回答するかどうかの判断ができます。

とまとま

ただし、多くのポイントをもらえる質問もあるので、質問数とポイント数を考慮して回答するか決めましょう。

最大質問数はアンケート開始前の画面で確認できますので、必ず確認しておきましょう。

③複数設問は避ける

アンケートの中で、1つの質問で10問以上回答するようなものがあります。

このようなタイプのアンケートは、最大質問数以上に回答する必要があります。

とまとま

最大質問数5問となっているのに、実際50問くらい回答することになるので、ダマされた気持ちになります。

このタイプのアンケートは、回答前に察知することはできません。実際に回答するまで判別できませんので注意が必要です。

④同系統のアンケートに回答する

一度回答したアンケートの内容と同じようなものがあれば、積極的に回答するようにしましょう。

その理由は、質問内容が重複しているためです。

アンケート内容が同じだと、質問の内容もかなり似てきます。そのときは、同じように回答すれば良いので、結果的に考えることなく回答することができます。

時間がかかるアンケートの特徴

では、回答に時間がかかるようなアンケートは、どういった特徴があるのでしょうか。

以下にまとめてみました。

時間のかかるアンケートの特徴
  • 最大質問数が多い
  • 1問の中に複数設問がある
  • マトリックス上になったもの

①②は単純に質問数が多いので時間がかかります。

③のマトリックス形式については、イメージがつかないと思いますが、実際には以下のようなものです。

このタイプのアンケートは、選択項目が多くて見づらいため、回答に時間を要するかかりやすいです。

とまとま

私はこのタイプのアンケートが来たら答えないようにしています。

時間がかかるアンケートの見分け方

時間のかかるアンケートの見分けるには、どうすれば良いでしょうか。

以下に見分け方について、まとめてみました。

見分け方
  • 最大質問数を確認する
  • 1問に複数設問がないかどうか確認する
  • マトリックス型かどうかを確認する

①最大質問数を確認する

これはアンケート回答直前の画面で確認できます。

任意のアンケートを開くと、最大質問数が記載されています。

その質問数を確認して、多いと感じたらあきらめるようにしましょう。

とまとま

ちなみに私は20問以上ならあきらめます。

②1問に複数設問がないかどうか確認する

これを確認する方法は、実際にアンケート回答画面に入って確認するしかありません。

なので、わたしは以下の流れで確認して、回答するかどうかを判断しています。

アンケートの見分け方
  • アンケート回答に移る
  • アンケート形式を確認する
  • 複数設問形式であれば、そのまま退場する

③マトリックス型かどうかを確認する

こちらも見分ける方法は実際にアンケート形式を確認するしかありません。

図のような回答形式であれば、なるべく避けるようにしましょう。

まとめ

アンケートがめんどくさい方向けに、効率よく回答する方法について解説していきました。

アンケート経験が少ない方は、最初は回答に時間がかかると思います。

しかし、ある程度アンケートに回答していくと、アンケートのクセや答え方がわかるようになり、効率よく回答ができるようになります。

皆さんも本記事で解説した方法で、効率よくアンケートに回答して、ポイントを稼いでいきましょう。

ちなみに、わたしは他のアンケートサイトも併用しており、効率の良いアンケートを厳選して回答しています。

私が使っているアンケートサイトは以下の3つです。

利用しているアンケートサイト

紹介した3つのサイトにはそれぞれの入会特典があります。上記の記事の紹介リンクからダウンロードすると、お得に始めることができますので、ぜひご利用ください。

もちろん、マクロミルにも紹介制度があり、以下リンクからダウンロードして、アンケートに回答すると30ポイントもらうことができます。

まだ、マクロミルを始められていない方は、以下のリンクを活用いただき、お得に始めてみませんか?

\以下リンクから登録!アンケート回答で30ポイントゲット!/

マクロミル効率よく回答するコツ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次